唐揚げを作った

昨日の夜、唐揚げを作ってみた。
唐揚げと言えば鶏ですが、昨日は豚肉で作ってみた。

半額セール品の豚小間。
この安い豚小間が豪華なディナーに変身するかな?
豚小間の唐揚げの作り方はネットで調べました。
たくさんレシピがありました。
たくさんの方が安い食材で美味しい物を作る研究をされてるんですね。
私も見習わなくては。

作り方は鶏とそんなに変わらないですね。
ポイントはお肉をお酒等の調味料につけて揉む事でしょうか。
これできっと安い豚小間が柔らかくなるんだと思います。

衣は小麦粉と片栗粉。
カラッと揚げて出来上がり。
手間もそんなにかからないですね。

さて、家族の反応は。
子供達も喜んで食べました。
3歳の娘もパクパク食べてたので、小さい子でも食べられるくらいお肉が柔らかくなりました。

旦那も「鶏かと思ったら豚だ!」とびっくりしてました。
でもまた作ってとリクエスト頂きました。
安いお肉でこんなに喜んでもらえて嬉しいですね。
安い食材で豪華な料理。
私も研究してみます。

ヴォクシー 新車 新古車

今話題のアレを体感!

今話題のアレを見てきました!
そう、東京ディズニーランドで期間限定でやっている
ワンス・アポン・ア・タイム!
何それ?かというと、今話題のプロジェクトマッピングです。

しかもシンデレラ城に!
CMやテレビの特集で見ていて、絶対に見たかったので
日帰り弾丸で行ってきました。

しかーし、夜になったら誰でも見られると思っていたら、
良い席(シンデレラ城前の広場)は
なんと抽選なんですね。
しかも1日1回しか出来ない。

そう、チャンスは1回しかないのです!
せっかくそれを目当てにディスニーランドまで行って
見られなかったら、と思うと不安と緊張でしたが
なんと、当選!!その場で「やった~!」と
叫んでしまいました。

しかも指定席なので時間までに行けばOK。

なので余裕をもって会場まで行けました。

そしてプロジェクトマッピングが始まると・・・
本当に感動の嵐。

周りでは泣いている人もいたりとか。

さすがディズニー!あっという間に時間が過ぎました。

弾丸だったので家に着いたのは午前1時と、かなり疲れましたが
あんな素敵な映像を見れて満足満足な一日でした。

期間限定なので、見ていない人は是非
機会があれば見に行って下さいね。

詳しくはこちらをご覧ください

プリクラだけをみて可愛さを判断しない

こういうことを書くと、批判されるかもしれませんが、
現代のプリクラ機能はとっても発達していて
ある意味、顔をも変化させると思います。

美白効果機能も付いているので、顔が白く映り、そして目でか効果もあるので
目も大きくなります。

目が小さい人がするといい感じに大きくなるのですが
元から大きい人がすると、宇宙人みたいに大きくなり、ちょっと笑えます。

実際にあったことのない人をプリクラを見て可愛いと思い、実際会ってみると
あれ?この人だっけ?と疑問になることが多々あります。

なので、プリクラだけで可愛さを判断するのはどうかと思っています。

3歳の甥っ子が、もともと目がすっごく大きくてギョロッとしています。

プリクラをとったのを見せてもらうとかなり笑えました。

顔の半分が目なのです。

アニメかと突っ込みたくなりました。

甥っ子が、甥っ子ではなくなったような気がしてなりませんでしたが、
プリクラを撮ることにより、成長が感じられるのでまぁいいかと思っています。

バイオリンの処分を考えています

子供にバイオリンを習わせています。
バイオリンは見て分かる通り、子供用のバイオリンというのがあって、大変、かわいらしいのです。
分数バイオリンといいます。
この、分数バイオリン。
16分の1、8分の1,4分の1、2分の1,4分の3、フルサイズというように流れていきます。
子供との思い出があるので、どうしても、このバイオリンを手放すことができません。

しかし、バイオリニストになるわけではないのですから、手放してもいいはずですよね。
家が狭くて、この5台のバイオリンの収納にも困るようになってしまいました。
悩みどころです。
マンションに住む場合、収納スペースが、限られます。
思い出は、写真に残しておけばいいのでしょうか。
そんなことをしているうちに、体の具ワイが悪くなってしまいます。
「手放したくない」しかし、「生きなければならない」。
思いのはざまに苦しんでいます。
とくに、女の子の思い出は重いし、濃厚です。
大切な力です。

ドグロバ登場で一変した初戦。

いよいよワールドカップブラジル大会が開幕し、ザックジャパンのグループリーグ突破の掛かった対コートジボワ―ル戦が
行われました。
天気はあいにくの小雨で、暑いブラジルを予想していたので、番狂わせの予感とも取れました。

ただサムライブルーの日本チームは、コートジボワールよりも雨にぬれたピッチでのプレーに慣れているのではないかと思い、有利になるとも感じていました。

いざ、試合開始のホイッスルが鳴ると、緊張の面持ちであった両国選手もやはり動きはすばらしかったです。

意外だったのは、相手国コートジボワールはパス回しは得意でないと評論家の大方の意見でしたが、
前半からそのパス回しは特に悪くはなく、むしろ日本のディフェンスラインを押し込むことに成功していました。

それでもサムライブルーはゴール前でチャンスを作り、本田圭介選手がゴール角を狙った見事なシュートと決めてくれました。

先取点を取ったザックジャパンの勝利を予想し、前半をリードで折り返した時には勝利の確信にもつながる思いでしたが、
そんな期待を打ち砕いたのが、ドグロバの登場でした。

明らかに相手国のチームの士気が上がり、その雰囲気に日本チームは飲まれているようでした。

そしてドグロバを起点とした攻撃で、あっという間の2失点を屈した日本。

とにかく残り二戦での日本の勝利を祈るのみです。

ツイッターのこと。

私がツイッターを始めたのは確か、
2008年か2009年。

周りでは意外と早い方だったかもしれない。

最初は、こんなところにつぶやくなんてありえない、恥ずかしい
っていう気持ちがあって、ほとんど使っていなかった。

ツイッターが一般的に普及したのって、
やはりあの震災以降だと思う。

そのころにはもう周りも普通に使うようになっていたので、
気兼ねなくつぶやくことができるようになった。

やっぱり、〇〇を買ってみた、とか
〇〇行って××を食べたとか、写真つきで投稿することが多いけれど、
飲むと・・・とにかく連投しまくってしまう癖がある(笑)
とにかく日々思ってること、
愚痴っぽいことなども・・・ついつい連投しまくる。

あとは、ipodで聴いてる曲を実況してみたり。

嫌なやつですよね。

見かけたら、フォローしないことをお勧めします(笑)
でもなんというか、
つぶやくことで気持ちの整理ができたり、
ストレス解消できたり(見るほうはたまりませんね・・・)
するので、ついつい。

でも、あとから読み返すとやっぱり恥ずかしいですね。

サッカーの面白さ

サッカーワールドカップで日本がコートジボワールに負けてしまいました。

ニュースなどでは、香川選手が機能しなかった、長友選手が狙われた、
などの記事が羅列していますが、サッカーは面白いですね。

そういう、意味のない記事の中に戦術的な記事を見るとサッカー素人でも面白さを感じます。

なぜ香川選手が機能しなかったのか、どうしてコートジボワールが後半に2点入れることができたのか、
詳しく説明してある記事を見て、サッカーの奥深さを知りました。

要約すると、日本は戦術面で遅れを取り、有効な選手交代ができなかったことになります。

これが、素人の解釈だとドログバが流れを変えた、になるので、
サッカーの戦術面の記事はワールドカップを深く楽しむことができます。

ワールドカップの報道を見ていると、相手国の国柄を紹介したり、
サッカー選手のキャラ付けをしたりと、中身のある報道が少ないです。

正直言って、まだサッカーを掘り下げて説明していったほうが、
盛り上がるし、サッカー人口も増えていくと思います。